犬の心臓病のステージについて

犬の心臓病も人間と同じように進行具合によっていくつかのステージに分かれます。ここでは僧帽弁閉鎖不全症のステージについてご説明します。

犬の心臓病は全部で4つのステージに分けられます。数字が大きくなるにつれて症状が重くなります。(1~4ではなくA~Dで分けられることもあります。)

ステージ1(A)
犬の僧帽弁閉鎖不全症の初期段階がステージ1になります。特にワンちゃんに変化は見られないが、将来的に心臓病になる可能性がある状態が当てはまります。獣医によっては心臓に雑音があった場合にステージ1とすることもあります。特別な治療は行いませんが、定期検診を勧められます。検診は1年に1~2回程度行うと良いでしょう。

ステージ2(B1)
心音に雑音が入ってくるとこのステージ2という診断をされます。このころからワンちゃんに「疲れやすい」「咳をする」などの症状がみられるようになります。まだ治療は行いませんので心配することはありませんが、普段の食事の見直しが必要になります。

ステージ2(B2)
同じステージ2でもさらに2段階に分けられることがあります。上のステージ2よりも少し症状が進んでいる状態です。この状態では、血液の逆流や心臓の拡大が確認できるようになります。血管を拡張する薬の投与に加え、心臓病専用の食事を与えることになります。

ステージ3(C)
心臓の拡大に加え、ポンプ機能の低下もみられるようなります。ワンちゃんによっては、咳の他呼吸困難を起こすこともあります。このステージ3から運動制限も必要になります。この状態になると、利尿剤、ACE阻害剤、カルシウム感受性増強剤等の薬物治療が開始されます。

ステージ4(D)
犬の僧帽弁閉鎖不全症で一番症状が重い段階がこのステージ4になります。心臓のポンプ機能が慢性的に低下し、慢性心不全とも呼ばれます。今はまだ心臓手術は主流ではないので、完治ではなく進行を遅らせる治療を行うことになります。

カテゴリー: 心臓病の症状 | 犬の心臓病のステージについて はコメントを受け付けていません。

心臓病の検診費用は?

犬の心臓病の検診費用についてですが、これは動物病院によって違ってきますので、はっきりこうだとは言い切れない部分があります。

したがってここでは一般的な相場でご紹介したいと思います。

【犬の心臓病の検診費用】

・初診料 約3,000円
・診察料(再診) 1,000円~2,000円
・胸部レントゲン 2,000円~8,000円/1回
・血液検査 6,000~10,000円/1回
・心臓エコー検査費用 4,000円~12,000円/1回
・心電図 3,000円~8,000円/1回

初診料と再診料については、どこの病院でもだいたい上記のようになるようです。具体的には聴診器で雑音を聞くだけなので高くなることはありません。

レントゲンは定期検診とは別に年に1回行うことをお勧めします。レントゲンでは心臓の大きさをチェックします。もし大きくなっている場合はそれが原因で気管を圧迫していないかなどを調べます。ここで異常があれば薬が追加されるのでそのぶん費用がかかります。

心臓のエコー検査とX検査は簡単なものと高度な技術を使ったものに分かれるため金額の差が大きく出ます。例えば心電図の場合、24時間にわたって記録して普段の生活でどのように変化するかなどを調べるものは費用が高くなります。

上記の費用を計算すると検診だけだと1,000円から2,000円ほど。レントゲンや血液検査まで含めると1回で16,000円から40,000円ほどかかります。

これにお薬代や心臓病のドッグフード代などを足すと少なくても40,000円以上は必要になってきます。病気が進行するともっと高くなることもあります。心臓病の治療費は他の病気よりも費用が高いため、ワンちゃんはもちろん飼い主さんのためにも定期検診をしっかり行うようにしましょう。

カテゴリー: 費用について | 心臓病の検診費用は? はコメントを受け付けていません。

犬の心臓病でお勧めの病院は?東京都内

犬の心臓病治療でお勧めの病院をいくつかご紹介します。

①日本獣医生命科学大学医療センター(武蔵野市)
電話番号:0422-90-4000
紹介状は必要ありませんが、完全予約制なので事前に電話をかけて予約する必要があります。24時間体制や救急診療は行っていません。

②府中農工大附属病院
電話番号:042-367-5785
完全予約制。紹介状が必要です。循環器の先生の評判が高い病院です。また、費用も比較的安くなっています。

③東京動物心臓病センター(世田谷)
電話番号:03-5760-1212
完全予約制。紹介状は必要ですが、予約がとりやすい病院でもあります。

④麻布大学付属動物病院
電話番号:042-769-2363
二次診療、完全予約制。犬の心臓外科チームがあります。また、国内でも数人しかいない心臓の専門医の先生がいます。

⑤広尾セントラル病院
電話番号:03-5420-0012
評判の高い病院ですが、費用が結構かかります。

カテゴリー: 病院について | 犬の心臓病でお勧めの病院は?東京都内 はコメントを受け付けていません。

僧帽弁閉鎖不全症って?

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁が何らかの理由で変性し、閉鎖不全が起きてしまう病気のことです。僧帽弁には血液を送り出すために開閉する役割があるためこれが働かなくなると血液が逆流してしまう恐れがあります。

僧帽弁閉鎖不全症の主な原因は加齢による粘液腫様変性。簡単に言うと弁同士がうまくかみ合わないことで放置していると血液が正しい方向に流れなくなるので早期発見が大切になります。

この病気は突発的に発症するというよりは時間をかけてゆっくりと進行するためわかりやすい症状というものはありません。よく見られる症状としては、何となく元気がない、息切れを起こしやすい、咳が増えた、ごはんを食べなくなった・・・など。

変化自体には気づきやすいですが、「加齢によるものでは?」と見過ごしやすいため発見が遅れることもあります。

僧帽弁閉鎖不全症を起こしやすい犬種は、キャバリア、チワワ、マルチーズ、ポメラニアン、シーズー、トイプードル、パピヨンなどの小型犬。老犬といわれる7歳ころから増え始めます。

症状にもよりますが一般的に薬で進行を遅らせる治療がメインになります。手術も可能ですが、心臓の拍動を止めて行う大掛かりなものになることや、小型犬の心臓は小さく難しいことから、まだまだ一般的だとは言えません。

もし手術をする場合には、約100~120万円ほどの手術費がかかります。

カテゴリー: 心臓病の種類 | 僧帽弁閉鎖不全症って? はコメントを受け付けていません。

犬の心臓疾患におすすめのドッグフードは?

犬の心臓疾患にお勧めのドッグフードはいくつかありますが、その症状や進行具合によって違ってきます。具体的なことはやはり担当獣医が詳しいのでしっかりと相談して決めていくのが良いでしょう。

まだ初期の段階で獣医に特別何も制限されていないという場合には、脂質が少なく適度なたんぱく質を含んだフードをお勧めします。さらに、高ビタミン、高ミネラルの食事を心がけ塩分は控えるようにしてください。

人間が食べるお菓子はもちろんハムやソーセージなど非常に塩分が高いので少量であってもNGです。

具体的には、アランズのナチュラルドッグフードが栄養面からみておすすめです。ナチュラルドッグフードには心臓疾患や骨粗鬆症の予防が期待できる植物エストロゲン「リグナン」が含まれています。

また、カロリー控えめなので心臓疾患の原因の一つともいえる肥満を防ぐことができます。現在心臓疾患の症状がみられない場合でも、かかりやすい犬種がいるのであれば予防として与えるのも良いでしょう。

詳しくは「犬の心臓疾患のすべて」にまとめられていますのでチェックしてみてください。おすすめのドッグフードについては一番下に掲載されています。

カテゴリー: ドッグフードについて | コメントする

心臓病の症状は?

心臓病の症状として一番よくあげられるのが「咳」です。小型犬の場合は、犬特有の気管障害による咳もありますが、老犬の場合には心臓病を発症しやすくなるので注意してあげてください。

心臓病を患っているときの咳は通常の咳とちょっと違います。何かどこかでひっかけているような詰まっているような、、そんな咳をします。また、早朝や深夜に咳をするのも特徴です。

それから、心臓病には体を動かしたがらなくなるという症状もあります。犬も人間と同じで年を取ると体を動かす回数が減り、歩くスピードなども落ちてしまうものですが、咳と合わせてこのような症状が出ているなら要注意です。

質問:
うちの犬は心臓病と診断されてから元気がなくて寝てばかりになってしまいましたがそんなものですか?

回答
心臓病を患うと体を動かすことを嫌がるようになることがあります。今まで散歩好きだったからと無理やり散歩に連れて行くようなことをすると、心臓に負担をかけることになるので、できるだけ安静にしてあげてください。

心臓病は早期発見で進行を遅らせることが可能です。発見が遅れると手術になり高い手術費が必要になるのでより速い発見が大切です。手術は犬への負担も大きくなるのでできる限り避けたいところです。

カテゴリー: 心臓病の症状 | コメントする

心臓病の薬に即効性はある?金額は?

心臓疾患になったときに出される薬の中には血管拡張薬、ACE阻害薬、利尿剤、強心薬などが出されます。

この中でACE阻害薬として出されるニトログリセリンは一般に即効性が高い薬だといわれています。

時々、獣医に出された薬を与え続けても症状の変化が見られないという飼い主さんがいますが、もしかしたら即効性があるものが含まれてないということも考えられます。

ちなみに、同じACE阻害薬の硝酸イソソルビドやアムロジピンは即効性より持続性のある薬として知られています。

ただ、ニトログリセリンはその即効性の高さから緊急時に用いることが多いため、長い治療を考える場合には出されないことが多いです。

まれに、心臓病に似た症状は出ていても心臓病ではない時もあります。これは、獣医が診断した場合でもありうることです。出された薬を与え続けても変化が見られない場合には、セカンドオピニオンも考える必要があります。

薬の料金は病院によって多少違いがありますが、通常1種類3,000円程度です(1ヶ月)。したがって上記の薬3種(血管拡張薬、ACE阻害薬、利尿剤)を与える場合には月々8,000~9,000円ほどかかることになります。

カテゴリー: 心臓病の薬について | コメントする