犬の心臓疾患におすすめのドッグフードは?

犬の心臓疾患にお勧めのドッグフードはいくつかありますが、その症状や進行具合によって違ってきます。具体的なことはやはり担当獣医が詳しいのでしっかりと相談して決めていくのが良いでしょう。

まだ初期の段階で獣医に特別何も制限されていないという場合には、脂質が少なく適度なたんぱく質を含んだフードをお勧めします。さらに、高ビタミン、高ミネラルの食事を心がけ塩分は控えるようにしてください。

人間が食べるお菓子はもちろんハムやソーセージなど非常に塩分が高いので少量であってもNGです。

具体的には、アランズのナチュラルドッグフードが栄養面からみておすすめです。ナチュラルドッグフードには心臓疾患や骨粗鬆症の予防が期待できる植物エストロゲン「リグナン」が含まれています。

また、カロリー控えめなので心臓疾患の原因の一つともいえる肥満を防ぐことができます。現在心臓疾患の症状がみられない場合でも、かかりやすい犬種がいるのであれば予防として与えるのも良いでしょう。

詳しくは「犬の心臓疾患のすべて」にまとめられていますのでチェックしてみてください。おすすめのドッグフードについては一番下に掲載されています。

カテゴリー: 心臓病の食事 パーマリンク

コメントを残す