心臓病にはドッグフードと手作りどっちがいいの?

心臓病があるワンちゃんには、既成のドッグフードと手作りフードどちらを与えていますか?また、どちらが良いと思いますか?実はこれ、獣医によっても意見が分かれているところなんです。

私個人の意見では、ほとんどの場合、既成の心臓病フードが良いと考えています。なぜなら、ワンちゃんのための手作りフードはとても難しいからです。

人間の療養食の場合、インターネットや書籍などでたくさんレシピが紹介されているので、それらを見れば意外と簡単に作ることができます。さらに、多少好きな味じゃなくても、人は「体のため」と考えれば食べることが多いですよね。(それでも食べない人はいますが・・・)

しかし、ワンちゃんの場合はレシピ集も少ないですし、嫌いなものは食べないので飼い主さんが苦労することになります。また、人が当たり前のように食べている食材でもワンちゃんが食べると命を脅かすほど危険なものもあったりします。

これらの難点をすべて克服できるのであれば、手作りフードの方が良いと思いますが、実際のところかなり難しいことなのでやはり心臓病の食事は既成の療養フードが良いと考えます。

ただ、そんなことを言っては毎日一生懸命ワンちゃんのためにフードを作っている飼い主さんにとってこのブログは意味のないものになってしまいますので、今後少しずつではありますが、手作りのポイントやレシピ集などをご紹介していきたいと思います。

ワンちゃんによって好みが色々なので口に合わないレシピもあるかもしれませんが、少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

参照:犬の心臓疾患 | 寿命はどれくらい?

カテゴリー: 心臓病の食事 パーマリンク