犬の運動 どれくらいがいい?

心臓疾患がある犬にとって心臓に負担をかけない体型づくりとして運動は必要なことですが、逆に運動が心臓に負担をかけることもあります。これは、飼い主さんにとっても悩みどころでもありますよね。

今回はそんな飼い主さんに少しでも参考になればと思い、心臓疾患がある犬と運動についてのお話をしたいと思います。

獣医には「無理な運動はNG」「控えて」といわれてしまった

もし、獣医に「無理な運動は控えて」といわれてた時、具体的にどんな運動ならOKか悩むときもありますよね。獣医としても普段ワンちゃんがどれくらい運動しているか知らないので、具体的に言えない状況もあります。

獣医にそのようなことを言われたら、最初は5~10分程度のお散歩をしてあげてください。それでワンちゃんが満足気ならその時間がベストです。

もし、「もうちょっと歩きたいな」という表情を見せたら5分延長して15分程度の散歩をしてあげてください。散歩後から翌日にかけて悪い変化が出ていないなら次の診察までそれを続けてみてください。

元々散歩好きな犬の場合は「まだまだ歩きたい」というアピールをするかもしれませんが、15分を超えてしまうとどんな犬でも負担になることがあるのであまりおすすめできません。

具体的なアドバイスは獣医から

控えめな運動を続けた後の診察では、獣医に具体的にどういう運動をしたのか説明して、指示を仰いでください。

「何分間散歩をしたのか」「いつの時間帯に歩いたのか」など。それから、散歩の前と散歩の後で何か違いがあればどんなことでも獣医に話しておくと良いでしょう。

心臓病の犬の運動はステージとリンクさせる

心臓疾患があるワンちゃんの運動は、ステージとリンクさせながら行うことも大切です。

犬の心臓病のステージについて」でもまとめていますが、心臓病にはいくつかのステージが存在します。

ステージ1、ステージ2(B1)、ステージ2(B2)、ステージ3、ステージ4とあり、数字が進むにつれて症状が重くなります。

一般的には、ステージ2(B2)から少しずつ運動量を減らし、ステージ3では獣医指導の運動制限が必要になります。

心臓病の症状に気づくのが遅れるとすぐに運動制限がかかることもあるので、心臓病にかかりやすいワンちゃんの場合は普段から肥満予防をしておくことが大切になります。

散歩が大好きな犬は散歩をやめることで悪化することも

今までのお話と少し矛盾することになりますが、散歩が大好きでたまらないワンちゃんにとっては、急に散歩をやめてしまうと逆に症状が悪化することもあります。

もし、散歩をやめたり減らしたりすることで見るからに落ち込んでしまった時は、散歩をしてあげることをおすすめします。

その場合は、できるだけ部屋との温度差がない時間帯で連れて行ってあげると負担を減らすことができます。

心臓病がある犬の散歩については、獣医によって考え方も違いますので、可能であればワンちゃんや飼い主さんに寄り添ってくれる獣医がいる病院をおすすめします。